folder 転職×ノウハウ

転職活動にハローワークは必須?メリット・デメリット・利用の流れを解説

event2020/11/27

転職活動をするにあたって、転職サイトや転職エージェントだけでなく、ハローワークも活用した方がいいか悩んでいませんか。

ハローワークでは、求人を探すだけでなく、再就職手当の申請をサポートしてもらえるなどのメリットがあります。特徴を理解した上で、転職サイトなどと併用すると効率よく求人を探しやすくなります。

そこで本記事では、次の内容について解説します。

  • ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違い
  • ハローワークのメリットデメリット
  • ハローワークを利用した転職活動の流れ

    ハローワークの特徴を理解して、上手に活用するヒントになれば幸いです。

表で解説!ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違い

はじめに、あらためて「ハローワークとはどのような場所なのか」をお伝えします。

また、転職サイトと転職エージェントとの違いもお伝えするので、自分に合った求人の探し方を考えてみてくださいね。

そもそもハローワークとは?

ハローワークとは、求職者の支援を行う国営機関です。正式名称は「公共職業安定所」となっています。

ハローワークでは、求人検索をはじめ次の内容を行えます。

  • 求人の検索・紹介・相談
  • 失業保険・再就職手当などの申請
  • 就職セミナー(履歴書の書き方や面接対策など)
  • 職業訓練校の申請

求人を探すだけでなく、応募書類の準備、新しい知識や技術を身につけるための職業訓練校の相談などが可能です。

また、雇用保険に加入し条件を満たしていれば、失業保険や再就職手当の申請もできます。転職先が決まるまでの間、収入を得られるようになるので必ず確認しましょう。

ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違い

まず、ハローワーク・転職サイト・転職エージェントの違いを紹介します。以下の表をご覧ください。

※枠外の表を挿入

どれも無料で利用できることは、共通しています。ただし、年収1000万円以上の求人を保有しているハイクラス転職向けの転職エージェントは有料の場合もあります。

取扱求人については、ハローワークは地元企業や中小企業の求人が中心です。対して、転職サイトと転職エージェントは、全国各地の大企業から中小企業まで幅広い求人を扱っています。

そして、1人で転職活動を進めるのが不安な場合は、サポート体制が整っているハローワークもしくは転職エージェントの利用がおすすめです。ただし、ハローワークでは、基本的に専任の担当者がつかない場合が多いので覚えておきましょう。

転職サイトは、求人の応募から面接日の調整などをすべて自分で行います。サポートはしてもらえませんが、その分、自分のペースで進めやすいことがメリットです。

ハローワークのメリット・デメリット

ハローワークには、メリットとデメリットがあります。それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

ハローワークのメリット3つ

まず、はじめに次のハローワークのメリットを3つ紹介していきます。

  1. 地元の求人が見つかりやすい
  2. 条件を満たすと最短で再就職手当を受給できる
  3. 未経験OKの求人が多い

ひとつずつ詳しくみていきましょう。

1.地元の求人が見つかりやすい

まず、ハローワークでは地元の求人が見つかりやすいのが特徴です。

ハローワークは管轄地域の求人を中心に扱っているので、自宅から通いやすい職場や地域密着型の企業を見つけやすくなっています。

大手転職サイト、転職エージェントでは扱っていない求人も多くあります。「自宅から通いやすい場所で働きたい」「地域密着型の企業を探したい」という方には最適です。

2.条件を満たすと最短で再就職手当を受給できる

自己都合退職した人で、再就職手当の受給を検討している場合、ハローワークも活用して求人を探すのがおすすめです。

自己都合での退職の場合、本来は再就職手当の支給制限3ヵ月を経過した後に、手当が支給されます。

けれども、自己都合退職をした方が、退職後1ヵ月以内にハローワーク経由で就職を決めた場合、支給制限期間が経過していなくても再就職手当をもらうことが可能です。

早い段階で手当をもらえるのはメリットでもありますが、同時に早く再就職手当をもらうことを目的とした転職活動にならないよう注意しましょう。

3.未経験OKの求人が多い

地域ごとに差はありますが、ハローワークは未経験OKの求人を多めに保有しているケースが多くあります。新しい業界や職種にチャレンジしたい人に適しているでしょう。

また、未経験から新しい仕事に就くため知識・技術を身につけるための「職業訓練校制度」もあります。ハローワークから応募することができ、以下のような講座が開校されています。

  • 経理
  • プログラミング
  • Webデザイン
  • 介護
  • 医療事務

試験を通過すると、基本的に授業料無料で再就職のために必要な勉強ができるのがメリットです。

ハローワークのデメリット3つ

次に、3つのハローワークのデメリットについてもお伝えします。

  1. 自分から積極的に行動しなければいけない
  2. 企業・職場のイメージがつかみにくい
  3. 必ずしも毎回同じ相談員とは限らない

こちらも、ひとつずつ紹介してきます。

1.自分から積極的に行動しなければいけない

ハローワークは、求人紹介や面接対策などのサービスを利用できますが、自分から積極的に行動することが求められます。なぜなら、転職エージェントのように、担当の方と二人三脚で転職活動を進めるシステムではないからです。

ハローワークに足を運べば毎回相談に乗ってもらえますが、専任のアドバイザーはつかないので自主的に求人を探したり、相談したりしなければなりません。

2.企業・職場のイメージがつかみにくい

ハローワークの求人には、職場や従業員の写真が掲載されていないケースがほとんどです。そのため、求人票だけでは企業や従業員の雰囲気などがわかりにくく、働くイメージが湧きにくい側面があります。

できるかぎり応募する前に、企業ホームぺ―ジを確認したり、面接に行った際にじっくり社内見学をさせてもらったりするなど、入社後にギャップを感じないよう対策しましょう。

3.相談員の指名ができないケースがある

ハローワークは、転職への知識が豊富な相談員の方に相談できるのがメリットである反面、基本的に相談員の指名はできません。

そのため、同じ内容を相談していても、前回の相談員Aさんと今回相談した相談員Bさんで言っている内容が異なる……というおそれも。ハローワークによっては相談員の指名ができる場合もありますが、その分待ち時間が伸びる場合もあります。

4ステップ!ハローワークを利用した転職活動の流れ

ここからは、実際にハローワークを利用した転職活動の流れを4ステップにわけてお伝えします。1ステップずつ確認していきましょう。

1.ハローワークで求職申込書を記入・ハローワークカード発行

ハローワークで転職活動を行う際は、まず「求職申込書」を記入します。求職申込書に記入する内容は、次の通りです。

  • 名前や住所などの基本情報
  • 希望業界・職種
  • 勤務地
  • 学歴・職歴
  • 保有資格

記載した内容を元に、条件に合う求人があればハローワークから連絡してもらえるよう依頼することも可能です。丁寧にしっかり書きましょう。

記入が完了すると、ハローワークカードを発行してもらえます。次回以降、ハローワークカードの提示が必要になるので、大切に保管してください。

2.求人を探す

ハローワークでは、主に次の3つの方法で求人を探せます。

  • 求人検索機で検索する
  • 相談員の方に希望を伝えながら探す
  • ハローワークのホームページから検索する

自分の転職活動のペースや状況に合わせて、探すことが可能です。

3.応募する求人の決定・紹介していただく

応募したい求人が見つかったら、求人票を印刷して相談員の方にまだ募集中か確認しましょう。場合によっては、応募が締め切られているケースもあります。

また、ハローワークの求人は応募する際に「紹介状」が必須です。応募できる場合は、紹介状を発行してもらい、履歴書・職務経歴書と一緒に企業へ送付します。

4.面接

書類選考を通過したら、いよいよ面接です。

面接に自信がない場合、ハローワークの面接対策講座の活用をおすすめします。また、志望動機やこれまでの経験を伝えられるよう、しっかり準備しておくことが大切です。

ハローワークを利用した転職活動で後悔しないためのコツ

最後に、ハローワークを利用した転職活動で後悔しないためのコツを解説します。

後悔しないためのコツは、

  • 口コミサイトを活用する
  • 転職サイト・転職エージェントを併用する

の2つです。

1.口コミサイトを活用する

「ハローワークのデメリット」でもお伝えした通り、ハローワークの求人には写真がないため企業のイメージがつかみにくいです。そのため、口コミサイトの活用をおすすめします。

口コミサイトには、実際に企業に勤めていた方が、仕事内容や社風などを書き込んでいます。応募するかしないかの判断材料にもなりますし、面接対策にもつながります。

2.転職サイト・転職エージェントを併用する

ハローワークだけでなく、転職サイト・転職エージェントを併用しながら転職活動を進めると、幅広い求人を見ることが可能です。

ハローワーク、転職サイトと転職エージェントでは取り扱っている求人が異なります。自分の選択肢を広げて、希望にあった会社を探すことが、後悔しない転職につながります。

まとめ|ハローワークは転職希望者の味方

ハローワークでは、転職活動の支援をはじめ、失業保険の手続きや職業訓練校への申請など、再就職にまつわる幅広いサポートを行っています。転職先が決まるまでの、一連のサポートをしてくれるハローワークは転職希望者の味方です。

またハローワークには、転職サイト・転職エージェントにはない、地元企業の求人も多数あります。ハローワークを活用して、視野を広げて転職活動を行いましょう。

最高の転職を実現する重要まとめ

arrow_upward