folder 転職エージェント×職業

金融業界に転職を目指す人向け!タイプ別おすすめ転職エージェント10選

event2020/11/27

専門性の高い金融業界への転職には、転職のプロである転職エージェントを賢く利用するのがおすすめです。

この記事では、転職エージェントを利用するメリットや活用のコツ、金融業界を志望する人におすすめの転職エージェントを解説していきます。

これから転職活動を始めるという人は、ぜひこの記事を参考に、金融業界への転職を叶えてください。

金融業界への転職で転職エージェントを利用する6つのメリットは?

金融業界への転職には転職エージェントがおすすめですが、「求人サイトで自分で探すだけではダメなの?」と思っている人もいるかもしれません。

まずは、なぜ転職エージェントをおすすめするのか、利用するメリットを詳しく見ていきましょう。

忙しくても効率的に転職活動ができる

転職活動は何かとやることが多く、忙しい仕事の合間を縫って進めようと思うとなかな大変です。自己分析から求人探し、企業とのやり取りや選考対策まで一人で行うのはおすすめしません。

転職エージェントを利用すれば、転職活動をリードしてくれるほか、求人探しや企業とのやりとりを代行してくれます。忙しく効率的に転職活動を進めたい人に嬉しいサービスです。

条件の良い非公開求人の紹介を受けられる可能性も

実は求人サイトで一般に公開されている求人のほかに、転職エージェントだけが持っている『非公開求人』という案件が存在します。

特定の人にのみアプローチしたい企業や、社外に採用情報を漏らしたくない企業が、信頼できる転職エージェントにスカウトを依頼しているためです。

非公開求人の中には条件の良い求人も多いので、情報を得るためにも転職エージェントへの登録がおすすめです。

金融業界への転職に特化したサポートを受けられる

一口に『転職』と言っても、業界や職種ごとに様々な事情が存在するため、志望先企業によって転職活動に必要な準備や選考対策は異なります。

多くの転職エージェントでは、業界に精通したスタッフが在籍しており、金融業界の転職に特化したサポートを受けることができるのも大きなメリットです。

給与やポジションの交渉を任せられる

転職活動は選考に目を向けがちですが、実はその後の『条件交渉』も大切な工程の一つです。

転職では多くの場合、企業と転職者がそれぞれの希望をすり合わせながら最終的な条件を決定していきますが、転職者側はなかなか意見を言いづらく、企業の言いなりになってしまうケースも少なくありません。

転職エージェントを利用していれば、間に入って企業に条件アップの交渉をしてくれるので安心です。

書類・面接対策が充実している

当然のことながら、志望業界・志望企業への転職を叶えられるかどうかは、選考に合格するかどうかにかかっています。

そして選考対策をするには『プロの力』を借りるのが一番です。

各業界・企業の転職事情や、合格ノウハウを把握している転職エージェントにサポートしてもらうことで、合格の可能性を高めましょう。

無料で転職支援サポートを受けられる

全ての人に転職エージェントをおすすめする最大の理由は、これらのサポートが全て無料で受けられるからです。

転職エージェントは、企業側が紹介料を支払うビジネスモデルを取っているため、転職者は一切費用を負担することはありません。

無料で転職活動を効率化でき、合格の可能性を高められるなら、まず登録して損はないと言えるでしょう。

【コラム】未経験でも金融業界に転職できる?

金融業界へ異業種から転職する場合、20代のうちは可能性が十分にあります。

若手の場合、営業職に就くことが多いので、営業経験があるとなお良いでしょう。また、お金に関する知識という点では経理経験がある人も有利になる傾向にあります。

一方で30代・40代になると、20代と比較して未経験からの転職は難しくなってしまいます。金融業界を志望している人は、なるべく早めに挑戦するのがおすすめです。

転職エージェントは、求人を紹介してくれるだけでなく、業界専任スタッフによる選考対策を受けられたり、転職活動を効率化できたりと、様々な面でメリットのあるサービスです。転職を考えたら、まずは転職エージェントに登録しましょう。

金融業界への転職で、転職エージェントを有効に活用するための8つのコツとは?

転職エージェントは転職者にとって大変便利なサービスですが、実はそのメリットを最大限活用するには、いくつかの『コツ』があります。

ここからは、転職エージェントの活用方法を見ていきましょう。

口コミサイトで転職エージェントの評判や実績を確認する

人材エージェントは数多く存在しますが、「どのサービスを利用すれば良いか分からない」という人もいるのではないでしょうか。

サービスごとの違いを公式サイトで見極めるのはなかなか難しいので、まずは口コミサイトをチェックしてみるのがおすすめです。

実際に利用した人の意見を比較することで、サービスごとのリアルな特徴を把握しておきましょう。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェント選びをするうえで、口コミは非常に参考になりますが、かといってそれだけで全てを判断するのは危険です。

転職活動を最高の形で終えるには、実際にいくつかの転職エージェントを併用し、自分に合ったサービスを見つけていくのがおすすめです。

取り扱っている求人内容を見たり、サポートを受けたりする中で、徐々にサービスを絞っていきましょう。

総合型と特化型を併用する

転職エージェントには、各業界・職種の求人を網羅的に扱う『総合型』と、ある特定の分野に特化した『特化型』の2パターンが存在します。

総合型は幅広い選択肢を持つことができるほか、大手サービスが多く安定したサポートを受けることができます。

一方、特化型は専門性を持ったスタッフが多数在籍しており、よりコアなサービスを受けられます。

双方のメリットを享受するためには、2つのタイプを併用するのがおすすめです。

事前に自己分析し、キャリアプランを明確にしておく

転職を思い立って、すぐに求人探しを始めるのはおすすめしません。キャリアプランを明確にしないまま、目先の条件に飛びついて求人を選ぶと、後々後悔することになってしまうからです。

まずは自分のキャリアプランを描いたうえで、今どのような経験を積んでおくべきかを念頭に置いて、転職活動を始めるのが良いでしょう。

まだやりたいことが不明確な場合や、キャリアプランに悩んでいる人は転職エージェントに相談しましょう。

任せきりにせず、最新業界動向などの情報収集を自ら行う

不安も多い転職活動において、転職エージェントは非常に頼れる存在ですが、最終的には自己責任ということを忘れないようにしましょう。

転職は人生に大きな影響を及ぼす重要な選択ですので、転職エージェントに任せきりで『受け身』になるのはNGです。

キャリアについて考えたり情報を収集したりと、自ら積極的に転職活動を行いましょう。

すぐにでも転職したいという熱意をアピールする

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、同時に複数人の転職者を担当しています。

その中でも転職活動に積極的で、転職する可能性が高い人の優先順位は上がり、反対に消極的だったりあまり連絡が取れなかったりする人の優先順位は下がってしまいます。

そのため、キャリアアドバイザーに自分の優先順位を高くサポートしてもらうためには、「すぐにでも転職したい」という熱意を伝えるのがおすすめです。

複数の転職エージェントから、同じ企業・ポジションに応募しない

複数の転職エージェントを併用する上で気を付けたいのが、応募状況をしっかり管理するということです。

異なる転職エージェントを通じて、同じ求人に応募してしまうと、企業の採用担当者から「自己管理ができていない」「適当に応募しているのではないか?」と思われてしまいかねません。

応募した求人をメモするなどして、情報管理を行いましょう。

キャリアアドバイザーとの相性が悪い場合には、変更を申し出る

転職を成功させるためには転職エージェント選びが大切ですが、もう一つ大切なのが、担当してくれるキャリアアドバイザーとの相性です。

そのためほとんどの転職エージェントでは、キャリアアドバイザーの変更希望を受け付けています。

「ちぐはぐな回答をされる」「見当違いな求人ばかり紹介される」と感じた場合は、遠慮せず担当者の変更を依頼しましょう。

金融業界からの転職!どんな業界・職種への転職が可能?

将来的に金融業界からの転職を考えた時、どのような選択肢があるのか気になっている人もいるでしょう。金融業界から転職した人は、例えば次のような業界・職種で活躍しています。

  • 不動産営業職
  • 経理職
  • コンサルタント
  • 公務員

金融や経営の知識を活かして、転職している人が多い傾向にあります。また、金融業界はノルマがあり、ハードワークとなるケースが多いため、比較的穏やかに働けるイメージのある公務員を志望する人も、一定数存在します。

転職エージェントというサービスの性質を理解することで、さらにメリットを引き出すことが可能です。様々な要素を比較して、自分に合った転職エージェントを選びましょう。

金融業界を目指す全ての人に!おすすめ総合型転職エージェント3選

転職エージェントの利用のコツをご理解いただいたところで、金融業界への転職には、どの転職エージェントがおすすめなのかを解説していきます。

まずは金融業界に限らず様々な求人を扱う『総合型』のサービスを見ていきましょう。

パソナキャリア

出典:『パソナキャリア』

転職経験のない人など、キャリアアドバイザーからしっかりとサポートを受けたい人におすすめなのが『パソナキャリア』です。

総合型転職エージェントの中でも、丁寧なサポートが特に評価されていて、オリコンの顧客満足度調査で2年連続第一位を獲得しています。

人気の求人を今すぐチェック!
パソナキャリアの公式サイトはこちら

doda

出典:『doda』

『doda』は求人数・サポート体制ともに安定していて、総合点の高い転職エージェントです。

求人サイトとエージェントサービスが連携しているので、登録前にまずはどんな求人があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェント

出典:『リクルートエージェント』

国内最大級の転職エージェントとして知られる『リクルートエージェント』は、圧倒的な求人数を誇る定番サービスです。

未経験OKの求人からハイクラス求人まで、幅広い範囲をカバーしており、キャリアの選択肢も広がります。

【コラム】金融業界で働く人の理想のキャリアプランとは?

金融業界で働いている人は、やはり金融の知識を活かしたキャリアプランを描くケースが多くなっています。まったくの異業界・異職種を目指す場合を除き、一般的なキャリアプランとして次のような例が挙げられます。

  • 一つの企業に長期間在籍しシニアを目指す
  • 金融系の国内大手企業や外資系企業に転職する
  • 事業会社の経理・財務・M&A等の部門に転職する

『お金』はどんなビジネスにおいても重要な要素ですので、金融の知識を持っていると選択肢が多くあります。

一つの道を極めて今の企業でトップを目指すか、転職によってステップアップを図るか、転職前にある程度のキャリアプランを考えておきましょう。

ご紹介した3つの総合型転職エージェントは、一度は名前を聞いたことのある人も多いかと思います。求人数が多くサポートも安定しているため、ぜひチェックしてみてください。

金融業界への転職に強い!おすすめ特化型転職エージェント3選

次は金融業界の転職支援に特化した『特化型』の転職エージェントをご紹介します。

金融業界の動向や転職事情に詳しいスタッフからのサポートが受けられるサービスを厳選しました。

アンテロープ

出典:『アンテロープ』

『アンテロープ』は、金融業界と外資系コンサルティング業界に特化した転職エージェントです。

メガバンクや国内大手投資銀行とコネクションが強く、一社あたり数十ポジションもの求人を任されているケースもあると言われています。

転職後もキャリア開発を継続する「スタートアップ・コーチング」サービスを提供しており、本質的な意味でのキャリアアップを支援しています。

ウィルハーツ

出典:『ウィルハーツ』

『ウィルハーツ』は、金融業界のハイクラス転職に特化した転職エージェントで、キャリアアドバイザー全員が金融業界出身者です。

国内外各企業の経営陣・採用部門長からの直接依頼を受けており、金融スペシャリストを目指す人をターゲットとしています。

ウィルハーツでしか取り扱っていない非公開求人の多さも強みとしています。

コトラ

出典:『コトラ』

『コトラ』は外資系金融業界のみに特化した転職エージェントです。

キャリアアドバイザーのほとんどが金融業界出身者で、業界・業務知識を持っていることはもちろん、外資系金融業界の転職事情に精通しています。

外資系企業でキャリアアップしたい人にとって非常に力強い味方になるでしょう。

【コラム】外資系金融業界への転職はハードルが高い?

国内にも金融系の企業は多く存在しますが、「外資系企業に挑戦してみたい」と憧れを持っている人も多くいます。

金融業界では一般的に、日系企業よりも外資系企業の方が給与水準が非常に高く、転職のハードルも高いと言われています。未経験から外資系企業に応募するよりも、ある程度日系企業で経験を積んでから挑戦するのがおすすめです。

金融業界では、職歴だけでなく学歴も重視される傾向にありますので、あらかじめ採用基準をチェックしておくのがおすすめです。

金融業界へ転職したいというの強い意思のある人や、志望企業が決まっている人は、特化型のサービスを中心に利用するのがおすすめです。より専門的なサポートを受けることで、合格の可能性を高めていきましょう。

ハイクラス転職に強い!ハイクラス特化型おすすめ転職エージェント4選

金融業界を目指している人の中には、『年収をアップしたい』と考えている人も多いのではないでしょうか。

給与水準の高い金融業界を目指すなら、ハイクラス求人に特化した転職エージェントもおすすめです。

JAC Recruitment

出典:『JAC Recruitment公式ホームページ』

『JAC Recruitment』は、国内大手企業や外資系企業などの『ハイクラス求人』に特化したサービスで、この分野で国内最大級の転職エージェントとして知られています。

グレードはハイクラスのみの限定ですが、業界・職種については網羅的に取り扱っています。

メガバンクや外資系金融企業など、トップ企業を志望している人におすすめです。

キャリアカーバー

出典:『キャリアカーバー』

『キャリアカーバー』は、リクルートが運営するスカウト専門のサービスです。転職エージェントのキャリアアドバイザーやヘッドハンターが、登録している転職者の情報をチェックし、スカウトを行うシステムになっています。

スカウトサービスの特徴は、ハイクラス求人に特化しているということです。外資系金融企業や国内大手企業からヘッドハンティングされるチャンスがあるかもしれないので、キャリアに自信のある人は登録しておくのがおすすめです。

ビズリーチ

出典:『ビズリーチ』

『ビズリーチ』は、『キャリアカーバー』と同じくスカウトサービスです。キャリアカーバーより歴史があり、登録しているヘッドハンターの数は業界最大手を誇ります。

ビズリーチの場合は、取り扱っている求人がハイクラスのみに厳選されていることに加え、登録する転職者側も審査を通過しなければなりません。

登録が完了すれば好条件の求人にたくさん出会えますので、まずは審査を受けてみるのがおすすめです。

ロバート・ウォルターズ

出典:『ロバート・ウォルターズ』

ロバート・ウォルターズは、ロンドン発祥の外資系転職エージェントです。各国のハイクラス求人を保有しており、金融業界の求人も多数取り扱っています。

英語での書類選考・面接対策も行ってくれるので、初めて外資系企業に挑戦する人にも安心です。

【コラム】金融業界に転職したいなら、まずは転職エージェントに登録!

繰り返しお伝えしてきましたが、専門性の高い金融業界への転職には、転職エージェントの利用がおすすめです。

ここでご紹介したように、様々な転職エージェントが手厚いサービスを提供しています。それぞれのメリットを賢く活用していけば、キャリアアップの可能性はぐんと高まります。

金融業界への転職を考えたら、まずは転職エージェントに登録しましょう。

ご紹介したように、実はハイクラス求人に特化した転職エージェントはたくさんあります。職歴に自信のある人・給与アップを目指したい人は、登録しておきたいサービスです。

転職エージェントを活用して、専門性の高い金融業界への転職を成功させよう!

この記事では、金融業界への転職に転職エージェントをおすすめする理由や活用のコツ、チェックしてほしい転職エージェントをご紹介しました。

>いくつかのタイプの転職エージェントを併用することで、自分にとってベストな転職の形を見つけていきましょう。

一人で転職活動をしていたら出会えないチャンスをつかみ、専門性の高い金融業界への転職を叶えてください!

最高の転職を実現する重要まとめ

arrow_upward