folder 転職×トリセツ

【保存版】転職が成功する5つの準備 | 絶対抑えるべき準備を徹底解説!

event2020/10/09 キャリアコンサルタント監修

「転職をしよう」と決意したものの、この後どうしたら良いのかわからないっていう方が多いのではないかと思います。 今回は転職活動を始める上でどのような準備をするべきなのかについて知りたいと思っている人のために、

「転職活動における準備の重要性」

「必ずやっておきたい5つの転職活動準備」

「20・30・40代ごとに違ってくる転職活動の準備」

などについてまとめました。転職活動を始めるにあたっての準備をすべてをまとめたので、参考にしてみてください。

 

この記事を読むだけであなたが転職活動をはじめる前にやっておくべき準備がわかっていただけると思います この記事を参考にぜひ転職活動の準備を進めてみてくださいね。

それではさっそくご紹介していきましょう!

1.転職は準備しないと100%失敗する!

例えば、受験勉強をせずに試験に臨んだり、練習をせずに試合に臨んだりしても、うまくいかないのは当たり前ですよね?

転職活動も同じです。 もしあなたが準備をせずに転職活動を行うのなら、ほぼ100%失敗するでしょう。

しっかり転職準備をすればうまくいく!

ということは、逆にしっかり転職準備すればするほど転職がうまくいく可能性は高くなります

大切なことはあなたの納得感。これだけ準備したのだから例え落ちてしまっても仕方ないな、と思えるレベルまで準備してから求人に応募することが転職準備におけるもっとも大事な心構えです!

では、まずどんな準備をするべきなのかということをご紹介しましょう。

必ずやるべき5つの転職準備

絶対にやるべき5つの転職活動の準備はこちらです。

準備1 どうして転職しようと思ったのかを整理する!
準備2 転職することで叶えたい希望条件を考える!
準備3 転職時期を決める!
準備4 転職活動の方法を選ぶ!
準備5 応募書類を作る!

どれか、ではなく、どれも大事な準備なので飛ばずことなく全部やってみてくださいね。

それでは順番にご説明していきましょう!

準備1 転職理由を整理する!

まずは、あなたがなぜ転職しようと思っているのかという転職したい理由を整理しましょう。

言葉にするのが苦手な人のためによくある転職理由をまとめてみました。あなたが面接官であれば、どの理由で転職したいと考える人を採用したいのか、考えてみてください。

上司や同僚、社長との人間関係の不満が上位にランクインしています。が、大事なことはみんなの意見に合わせることではありません。あくまでもあなたの中で転職したい理由が明確なことが重要なんです。

さて、あなたの転職理由は何でしょうか?

準備2 希望条件を考える!

転職理由を明確にしたら、次は転職の希望条件を考えましょう。

希望条件はあなたの転職理由を元に、それがどうなればベストなのかをイメージするのがわかりやすいです。またできるだけ具体的(数字や条件)に落として考えることが重要です。 例えば、

理由1:給与(年収)が低い
  • 現在:年収300万円
  • 希望:年収400万円
理由2:上司との人間関係が悪い
  • 現在:急な仕事を振られてストレスだ
  • 希望:メンバーのことを考えてくれる上司と働きたい

というイメージです。 これをちゃんと考えていない人は「せっかく転職したのに前の職場と全然変わらない・・・」 みたいなことが起こります。めんどくさがらずにしっかり考えましょう。

準備3 転職時期を決める!

希望条件を考えたら、次は転職時期(次の会社にいつ入社するのか)を決めましょう。

転職時期は少なくても転職活動スタートから3カ月後以降で考えるべきです。 なぜなら、活動スタートから次の会社に入社するまでには大きく分けてこの8つのステップがあるからです。

STEP1 転職準備(この記事)
STEP2 応募書類の作成
STEP3 求人に応募する
STEP4 面接(2回~3回)
STEP5 企業内定
STEP6 現職の退職交渉
STEP7 入社準備
STEP8 入社(転職完了)

パッと見でわかると思いますが、転職活動は時間もかかりますし、大変なんです・・・。

当然、この8つのステップそれぞれの中にもいろいろやるべきことがあるため、皆さんが思っている以上にバタバタします! 今の仕事を行うのに手を抜くわけにもいきません。

ですので、希望条件に合う企業から内定をもらったり、今の会社を円満退社しようと思うなら、3カ月くらいはみておくことが絶対必要だと考えておきましょう。

転職時期のベストな考え方

転職時期(次の会社にいつ入社するのか)のオススメの考え方は、「遅くても半年以内に転職すると決めて準備を進め、内定が出たタイミングに転職時期を早める」ことです。

この考え方であれば無理なく転職活動が進められるので、特に今回がはじめての転職の方はこの考え方をオススメします。

準備4 転職活動の方法を選ぶ!

転職時期を決めたなら、いよいよ希望条件に合う求人を探していきましょう。主な転職方法にはこの4つがあります。

4つの転職方法

方法1 求人サイト
方法2 転職サイト
方法3 転職エージェント
方法4 ハローワーク

どれが良い悪いというものはありませんが、これらの転職方法の違いをちゃんと理解した上で、自分に合う転職活動の方法を選ぶことが、理想の転職を実現するためには重要です。

4つの転職方法の違いや特徴についてはコチラにまとめているので参考にしてくださいね。 ※STEP②「転職 方法」へのリンク

準備5 応募書類を作る!

転職活動の方法に合わせて、いま作れるベストな応募書類をつくりましょう。

応募書類には年齢や住所などの基本情報をまとめた「履歴書」仕事の内容や実績をまとめた「職務経歴書」の2つがあります。 どちらも重要なので、書き方のコツを抑えてベストな応募書類を作りましょう。

応募書類=あなたそのもの

あなたがどれだけ素敵な人柄や性格であったとしても、それを採用担当者に伝える手段は応募書類しかありません。 応募書類が採用担当者との最初の接点。つまり、応募書類は「あなたそのもの」なんです。

応募書類を丁寧に作り込めば、あなたはきっと仕事に対して誠実で真面目な人だと思われますし、逆にテキトーに作ったなら、あなたはきっと仕事もテキトーにするような不真面目な人だと思われます

応募書類はあなたそのもの。 それを心に留めて、いま作れるベストな応募書類をつくってくださいね。

具体的な履歴書と職務経歴書の書き方はコチラにまとめているので参考にしてください。 ※STEP③「転職 履歴書」へのリンク

【年代別】転職準備のポイント

転職準備のポイントは年代によって全然違います。

ここでは20代・30代・40代、それぞれの人事採用担当から見た転職準備のポイントについて解説しましょう。

【20代】転職準備のポイント

20代の転職準備のポイントは「素直さ」です。

企業が20代の採用(第二新卒を含む)を考えている場合、求められているのは新しい職場、新しい仕事であっても素直にまっすぐ取り組めるかどうかです。 また、今すぐ成果を出すことではなく、5年・10年という長い期間で結果を出し、ゆくゆくは会社の幹部に成長してくれるような「将来性」に期待しているのです。

だからこそ、あなたが20代なのであれば応募書類に「この会社でどんな仕事をして、何を実現したいのか」という想いを盛り込みましょう

あと、履歴書の写真を軽視してはいけません。出来ればちゃんとしたスタジオで撮りましょう。

【30代】転職準備のポイント

30代の転職準備のポイントは「仕事の実績」です。

企業が30代の採用を考えている場合、求められているのはすぐ成果を出せるかどうかです。 将来性を求められる20代と違い、30代は「今」の売上利益を上げたり、問題解決ができる即戦力として扱われるということを覚えておきましょう。

だからこそ、あなたが30代なのであれば、応募書類にこれまで上げた実績を数字ベースで記載しておくことが準備のポイントです。 また社内で表彰された経験があるのであればそれも欠かさず盛り込んで、すぐに成果を出せる人材であることをアピールしましょう。

【40代】転職準備のポイント

40代の転職準備のポイントは「マネジメント能力」です。

企業が40代の採用を考えている場合、求められるのはメンバーやプロジェクトのマネジメント能力です。 現場の成果を求められる30代と違い、40代は現場の売上利益を最大化する目的で採用されるということを覚えておきましょう。

だからこそ、あなたが40代なのであれば、応募書類にこれまでのマネジメント経験と自分がマネジャーのチームで出した実績などを数字ベースで記載しておくことが準備のポイントです。 マネジャーとして社内で表彰された経験があるのであればそれも欠かさず盛り込んで、チームを目標達成に導ける人材であることをアピールしましょう。

転職準備でよくあるQ&A

さいごに転職準備でよくある質問にQ&A形式でお答えしていきます。

転職活動を始めるまでの準備の期間はどれくらい?

今回ご紹介した5つの転職準備ができるまで、を準備期間とするのであれば必要な期間は1カ月ほどでしょう。特に履歴書/職務経歴書については、自分が納得いくレベルまで作り込むことが重要なので時間をかけても大丈夫です。

転職エージェントを利用する場合は応募書類を添削してくれるので、書類作成が苦手だという方はエージェントに相談してみましょう。

資格を取ったほうが転職に有利?

一般的な企業であれば資格を持っているからといって転職が成功することはほとんどありません。資格よりも実績の方がよっぽど大事です。

しかし資格のレベルによっては専門性を持っていることの証明になりますので、有利に働くことはあります。例えば簿記であれば2級以上を取得することで有利に働くことはあります。

転職を考えているのであれば必要に応じて資格を取る必要があるとは思いますよ。

転職活動をするのにどれくらいお金が必要?

転職活動には特にお金は必要ありませんが、今住んでいる場所と新しく働きたいと思っている場所が遠く離れているのであれば、面接を受けるために交通費がかかる場合がありますので、注意が必要です。

面接時に着用する服装(スーツなど)が古くなっているのであれば新調したほうが良いかもしれませんね。それによって印象は変わってくると思います。

ちなみに転職エージェントは無料で利用できますので安心してください。

第二新卒に必要な転職準備って何?

第二新卒だからといって特別必要な転職準備はありません。今回ご紹介した5つの準備をしっかり行いましょう。

強いて言うのであれば、就職活動の時に何を考えて今の会社を選んだのかを、当時の気持ちを思い出して整理してみるのは良いかと思います。

女性の転職準備で大事なことは?

まだまだ日本は男女格差が残っています。ですので人事採用担当者によっては「女性だから」きっと結婚したりして辞めるんだろうと考えの方もいるかもしれません。

女性だからこそしっかりとしたキャリア設計・人生設計を考え、面接のときには「長く働いていきたい」という想いをアピールすることはとっても大事なポイントです。

現職が忙しすぎて転職活動できない場合は辞めてから転職活動を行っても大丈夫?

これは、あまりおすすめできない手段と言われています。職を失うことで希望条件に合わない企業でもとりあえず入ろうと思ってしまう可能性が高くなりますし、なにより健康保険や年金などの手続きを全部自分でしなければなりません

「有給休暇」は労働者の権利として法律で認められており、どのような企業でも利用が可能です。年中忙しいということであれば、体調不良などを理由に無理やりでも有給休暇を活用して、在職中に転職活動を進めるのがマストと言われています。

まとめ

今回は転職が成功する5つの準備ということで、絶対にやっておくべき準備についてご紹介してきましたが、いかがでしたか? この記事が、何をどう進めればいいのかわからないような、転職活動がはじめての人のお役に立てたなら嬉しいです。

 

次回は「おすすめの転職方法」についてご紹介しているので、ぜひこちらの記事で自分に合う転職方法を見つけてくださいね。 ※STEP②へのリンク ※全ステップのリンク

最高の転職を実現する重要まとめ

arrow_upward