folder 転職エージェント×評判

JACリクルートメントはハイクラス向け?利用者の口コミ・評判を解説

event2020/10/10

現在転職を検討している人や転職活動中の人などは、『JACリクルートメント』という転職エージェントを耳にしたことがあるかもしれません。JACリクルートメントは非常に高い評価を受けている一方、一部では良くない噂が聞かれることもあるようです。

この記事では、JACリクルートメントを実際に利用した人の口コミから、このサービスの評判が人によって大きく異なる理由を見ていきます。JACリクルートメントの利用を検討中の人はぜひご覧ください。

JACリクルートメントについて

エージェント名
30代 40代 ハイクラス求人豊富
こんな人におすすめ
check_box 30~40代の転職者 check_box ハイキャリアの求人を探している人
公開求人数 約15,000件
非公開求人数 60%
得意業種/職種 技術、営業、管理部門、マーケティング、IT
対応エリア 関東、関西圏
arrow_right 公式サイト

口コミを見ていく前に、まずはJACリクルートメントとはどんな転職エージェントなのかを見ていきましょう。特徴やサービス内容など基本的な部分をおさらいしていきます。

JACリクルートメントの特徴

JACリクルートメントは『ハイクラス転職』における日本屈指の転職エージェントです。 元々ロンドン発祥の企業で正式名称は『JAC Recruitment』ですが、この記事では分かりやすくカタカナ表記で『JACリクルートメント』と記載していきます。

世界11か国とのネットワークを持っており、外資系企業や海外へ進出しているグローバルな日系企業とのコネクションが強いことが特徴です。 年収を始めとした条件が良い案件を扱っており、業界トップクラスで活躍する人材をターゲットにしています。

JACリクルートメントのサービス内容

JACリクルートメントのエージェントサービスは他の大手転職エージェントと少し異なります。 一般的には転職者に対して専属のアドバイザーがつき、登録から入社までサポートする形式が多くなっています。

しかしJACリクルートメントの場合は『求人担当制』といい、それぞれの求人担当者(コンサルタント)から転職者へ求人を紹介していくという、スカウトサービスのような形を取っています。 前述したように、ハイクラスな人材のキャリア支援・アドバイス実績が豊富にあることがポイントです。

ポイント

JACリクルートメントは一言で言えば『ハイクラス転職向けエージェント』。大手エージェントと違い、ターゲットが限定的である所が特徴です。

JACリクルートメントの強み

まずは、良い評判の多いJACリクルートメントについて、その強みを解明していきましょう。どんな部分が評価されているのかを具体的に解説します。

エグゼクティブ・ハイクラスな求人を多く抱えている

先ほど特徴として挙げた通り、JACリクルートメントの一番の強みはハイクラス求人の数や支援実績が豊富ということです。 ハイクラスな求人はそう多く市場に出回っているものではなく、他の転職サイトやエージェントではなかなか見つけることができません。 JACリクルートメントのみが独占で取り扱っている求人も多く存在します。

外資や海外進出企業の求人が豊富

JACリクルートメントは外資系企業や海外へ進出しているグローバルな日系企業の求人を多く持っています。 これは、JACリクルートメントの運営会社自体が外資系企業であり、日本を始めとした各国にグローバル展開しているためです。

日本国内のみで活動している転職エージェントには無い強みと言えるでしょう。

約800名のコンサルタントが転職をバックアップ

JACリクルートメントには約800名ものコンサルタントが在籍しています。そのため、一つひとつの企業や求人に関する情報を豊富に持っており、より広く深い支援が期待できます。

また、多くのコンサルタントがいることで、一人の転職者に対して丁寧で手厚いサポートできる体制が整っています。

出典:『JAC Recruitment』 

ポイント

JACリクルートメントはとにかくハイクラス転職に強いエージェントです。転職でステップアップを目指す人にとって外せないエージェントと言えます。

JACリクルートメントの良い評判・口コミ

実際の利用者の声として、まずはJACリクルートメントに対する良い口コミを紹介していきます。本当にハイクラス転職に強いのかどうかを見ていきましょう。

※口コミについて

・インターネットサービスによるアンケート集計
・対象者=転職エージェントを利用したことがある男女170人
・2020年9月実施

求人の質が高い

質の高いハイクラス案件が多く、大手企業や一般的には応募を行わない外資系企業などの優良企業の求人案件を紹介してくれるので、求人内容のクオリティは凄く高いと利用していて感じました。出典:アンケート

大手企業や優良企業などの案件を持っており「求人の質が良い」という口コミが多数見受けられます。厳選された条件の良い求人が高く評価されています。

高年収の求人が多い

(前略)紹介の数が多く、かつ年収に関しても同等かそれ以上の求人を紹介してくれました。対応が迅速だったので2ヵ月で転職が決まりました。出典:アンケート

JACリクルートメントは転職による年収アップの実績を多く持っています。公式に謳っている通り、まさに『ハイクラス転職』を得意としていることが分かります。

外資系や海外進出企業への転職がしやすい

外資系企業の品質管理部として働いた自分の経験が生きる仕事を紹介してくれました。(後略)出典:アンケート

先ほども触れた通り、外資系企業・海外進出企業の求人は見つけることが難しい傾向にあります。日系のグローバル企業の求人はあっても、海外と関わるポジションはそう多くありません。 JACリクルートメントなら、多くのグローバル求人を見つけることができます。

年収・入社日などの交渉も

JACリクルートメントは、私が従前利用していた転職エージェントと大きく異なり、担当コンサルタントが私だけでなく企業にも交渉してくれるので自分の希望通りの条件で転職できました。出典:アンケート

転職活動においてストレスのかかるポイントは企業との『交渉』です。年収や入社日など、お互いの要望を上手くすり合わせることに手こずったり、企業の言いなりになってしまい後悔する結果になったりといった経験のある人もいるかもしれません。 この交渉をコンサルタントに任せられることで、満足のいく条件で転職できる可能性が高まります。

ポイント

ご紹介した口コミから、JACリクルートメントは実際にハイクラス転職に強いということが良く分かります。ハイクラス転職に特化したエージェントとして、絶対的な地位を築いていることにもうなずけますよね。

JACリクルートメントはこんな人におすすめ

JACリクルートメントはターゲットを絞ったサービスを展開しているため、合う人・合わない人が存在します。 このサービスがどんな人におすすめなのかを見ていきましょう。

今より良い条件の企業に転職したい

転職を希望する理由として「条件を良くしたい」と挙げる転職者は多くいます。JACリクルートメントは条件の良い求人をたくさん持っているため、条件アップを希望している人にぴったりのエージェントと言えます。

「条件をアップしたいけれどどんな企業に応募すれば良いのかわからない」という人は、キャリアアップ転職を得意としているJACリクルートメントのコンサルタントにキャリアプランを相談してみるのがおすすめです。

エグゼクティブ・ハイクラスの求人のみを紹介して欲しい

現職での仕事で忙しい中転職活動をしている人は、たくさんの求人の中から応募先を探すことに煩わしさを感じているかもしれません。 ハイクラス求人のみに絞って見てみたいという人には、ハイクラス求人に特化しているJACリクルートメントで求人を紹介してもらうのがおすすめです。

外資系や海外進出企業の求人を探している

グローバルに活躍したいという人は、多くの場合外資系企業や海外に進出している企業に絞って転職活動をしていると思います。 また、外国語が話せる場合、そのスキルを活かした転職を希望している人が多いでしょう。 そんな人には、国内でメジャーな大手エージェントではなく、グローバルな求人を多く保有しているJACリクルートメントがおすすめです。

ポイント

JACリクルートメントは、年収アップも見込んだハイクラス求人を探している人におすすめです。年収交渉に優れたコンサルタントも多くいますので、年収アップを検討している人にとっては外せないエージェントの一つです。

JACリクルートメントの登録から内定まで

JACリクルートメントに登録するとどのような流れで転職活動を行うのか、内定までの動きを具体的に見ていきましょう。

会員登録

まずはJACリクルートメントに会員登録をしましょう。

公式ホームページの『新規登録へ』というボタンから進み、メールアドレスと自分で決めたパスワードを入れて送信します。

面談・求人紹介

登録が済んだら、まずは担当のコンサルタントと面談を行います。転職動機や希望の条件などを伝え、キャリアプランを整理していきましょう。

キャリアプランが整理でき条件がある程度固まったら、面談で話した内容を元に求人を紹介してもらいます。自分が希望する案件が紹介されなかった場合、理想をより具体的に伝えながらすり合わせていきましょう。

応募・面接

コンサルタントに紹介してもらった案件のうち、応募したい求人があればエージェントを介して応募します。 書類選考や面接を受ける際は、コンサルタントにサポートしてもらうことをおすすめします。

コンサルタントは企業が何を求めているのかを理解していますので、アドバイスをもらうことで効果的な自己PRができるでしょう。

内定・退職交渉・入社

無事に内定が出たら現職へ退職交渉を行います。上司に退職したい旨を伝え、引継ぎから退職までのスケジュールを調整しましょう。

その際、退職日から転職先企業への入社日までの期間はなるべく空けないように調整することをおすすめします。保健や年金の手続きが楽になるほか、職歴に空白期間を作らないで済むためです。

アフターフォロー

JACリクルートメントのサービスは『転職先が決まったら終了』ではありません。 転職先へ入社後も新しい職場へなじめているか、希望通りの仕事ができているかを確認しながらキャリアをサポートしてくれます。

転職活動時の情報と異なる事態が発生した場合や、悩みがある場合は気軽に相談してみましょう。

ポイント

JACリクルートメントでは、応募から入社、そしてアフターフォローまで企業専門のコンサルタントがサポートしてくれます。自分の信頼できるコンサルタントと共に転職活動を進めていきましょう。

JACリクルートメントの悪い評判・口コミ

JACリクルートメントはターゲットを限定しているため、マッチする人には評価が高い一方で、あまり合わない人も出てきてしまいます。 JACリクルートメントに対して挙げられた良くない口コミを見ていきましょう。

求人の数が少ない

(前略)紹介された求人数が少なく、応募したいと思える企業がなかったのが残念でした。出典:アンケート

様々な年収帯の求人を取り扱っている大手エージェントと比較すると、求人の条件を絞っているJACリクルートメントの求人数を少ないと感じる人もいるようです。

コンサルタントが積極的なサポートをしてくれない

面接時のアドバイスもあまりいただけず、転職後のサポートも聞いていた期間内でフォローアップいただけないことがありました。(後略)出典:アンケート

コンサルタントからあまり積極的なサポートを受けられなかったという声もありました。 ただし、コンサルタントに対してポジティブな評価も多くあるため、サポートの質については担当コンサルタントによって違いがあるのかもしれません。

応募できそうな案件がない

給与や福利厚生については、条件が良かったのですが、求人応募先の募集要件が全体的に高く感じました。クオリティはいいのですが、自分にはスペックが高すぎる感がありました。出典:アンケート

JACリクルートメントはハイクラス求人に特化しているため、条件の良い求人が多いというメリットがある一方、人によっては応募条件を満たす求人が見つけづらいというケースもあります。

ポイント

JACリクルートメントはハイクラス向けですので、人によっては条件がマッチしないこともあります。社会人経験が浅い人は他の転職エージェントも併せて利用するのがおすすめです。

JACリクルートメント以外の転職エージェントも併用する

JACリクルートメントはキャリアアップを目指している人にぴったりのサービスですが、大手転職エージェントと比較すると求人が少な目な傾向にあります。 選択肢を広げるために、それ以外の転職エージェントも併用することをおすすめします。

doda

出典:『doda』

 

『doda』は国内最大級の転職サービスです。 求人情報を自分で探せる『転職サイト』と、アドバイザーがついて転職をサポートしてくれる『エージェントサービス』、さらに企業からスカウトが届く『スカウトサービス』を展開しています。自分の状況に合わせてサービスを使い分けできるという便利さがあります。 特にエンジニアの求人を多く保有しており、アドバイザーのサポートも手厚いと評判です。

パソナキャリア

出典:『パソナキャリア』

『パソナキャリア』は人材派遣の分野で長い歴史を持つパソナが展開するエージェントサービスです。 会社として「利益よりも転職者を優先する」といった考え方を持っており、2020年の『オリコン顧客満足度調査』の転職エージェント部門で第1位を獲得するなど、転職者一人ひとりへの丁寧なサポートが評価されています。  

ハタラクティブ

出典:『ハタラクティブ』

この記事ではハイクラス転職を得意とする『JACリクルートメント』についてご紹介していますが、反対に「学歴・職歴に自信がない」「これから正社員を目指したい」など応募条件があまり高くない求人を探している人におすすめなのが『ハタラクティブ』です。 フリーターや既卒、第二新卒の転職を得意としており、内定率は80%越えを誇っています。

マイナビエージェント

出典:『マイナビエージェント』

『マイナビエージェント』は、国内で広く知られている転職サービス『マイナビ』のエージェントサービスです。TVCMや交通広告で目にしたことがある人も多いでしょう。 大手転職サービスの中でも若手の転職に強く、20代向けの求人を多く保有しているという特徴があります。

リクルートエージェント

出典:『リクルートエージェント』

『リクルートエージェント』は、日本最大級の人材サービス会社リクルートが展開しているエージェントサービスです。 幅広い求人を保有しており、中には大手企業・有名企業のハイクラス求人も多く含まれます。 JACリクルートメントでハイクラス求人を探している人は、同時にリクルートエージェントでも求人を探してみると良いかもしれません。

ポイント

国内には様々な転職エージェントが存在しています。自分の志向やキャリアに合ったサービスを選ぶことがポイントです。

FAQ

記事の最後に、サービスの使い方についてよくある質問をまとめました。登録する前に、JACリクルートメントを使う上で気になるポイントをチェックしておきましょう。

ハイクラス求人以外にも紹介してもらえる?

実は『ハイクラス求人』という言葉に明確な定義はありません。しかし、一般的には『年収800万円以上』というラインを基準にされることが多くなっています。

JACリクルートメントでは年収1000万円を超える求人も多数扱っていますが、年収600万円台の求人も存在しているようです。 よって、一般的に言われている『ハイクラス求人』の求人より少し基準が低めの求人も紹介してもらえる可能性があります。

求人紹介メールには毎回返信が必要?

面談を終え求人を紹介してもらう段階に入ると、コンサルタントから新しい求人紹介メールが来ることがあります。 基本的にメールには全て返信することがマナーですが、求人数が多く返信が大変な場合は「応募したい場合のみ〇営業日内に返信します」などと伝える手もあります。

メールが多すぎると感じたら、まずはコンサルタントに相談してみましょう。

コンサルタントは何度変更しても大丈夫?

冒頭でも触れましたが、JACリクルートメントでは転職者に一人のアドバイザーがつくのではなく、求人ごとに専属のコンサルタントがつき、条件の合う転職者へ求人を紹介する形を取っています。

そのため、「コンサルタントを変更する」という概念はありません。 「コンサルタントと相性が合わないけれど求人には応募したい」と感じた場合はJACリクルートメントへ問い合わせてみましょう。

面談はZoomや電話でも可能?

面談はJACリクルートメントの拠点で行われますが、忙しく足を運べない人や遠方に住んでいる人はWEBまたは電話で面談に参加することが可能です。

・JACリクルートメントの拠点一覧

東京、埼玉、横浜、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島 

JACリクルートメントは土日も面談できる?面談時間は?

面談は平日のみ行われています。ただし、忙しい人のために夜19時30分まで実施しています。 平日の日中は仕事でなかなか時間が取れないという人は、退社後に面談へ参加するのがおすすめです。

JACリクルートメントの退会方法を知りたい!

公式ホームページによると、退会を希望する際は『担当コンサルタントへ直接ご連絡いただくか、お問い合わせフォームからご連絡ください。』と記載されています。

転職活動を終了した時やJACリクルートメントからの求人紹介を止めたい時はいずれかの手段で連絡しましょう。 

JACリクルートメントは再登録できるの?

サービスの利用を一度辞めたけれど再開したいという場合や、二度目の転職でもう一度使いたいという場合、サービスへの再登録が可能です。 一度目と同じ手順で登録を行いましょう。 ただし、職歴等の条件によっては紹介できる求人が無い可能性もあります。JACリクルートメントから「求人があるかどうか」の連絡が来ますので、それまで待機しましょう。 

最高の転職を実現する重要まとめ

arrow_upward