folder 転職×資格

資格なしでも転職できる?おすすめの転職方法や転職しやすい業界を紹介!

event2020/12/25

あなたは、
「転職は資格があったほうが有利になる?」
「資格ない人におすすめの転職方法が知りたい」
「転職する前に資格は取るべきなのか知りたい」

と思っていませんか?

今回はそんな転職における資格の重要性やおすすめの資格について気になっている人のために、資格がなくても効果的に転職するための方法についてご紹介していきます。

この記事を読むことで、資格なし転職の基本がわかるようになります!
それではさっそくご紹介していきましょう!

転職で資格が必須な場合はある?どんなケースが考えられる?

転職において資格は必要なのでしょうか?まずは転職において資格が必要になるケースについて考えてみましょう。

資格が必要な職種は、そもそも限定されている

そもそも数ある仕事の中で資格が必要な仕事は限定されています。実際に資格が必要な職種について、いくつかご紹介していきましょう。

士業など、実務に資格が必要な職業・職種への転職の場合

医師・弁護士・会計士などの士業は、実務業務を行う上で資格が必要となるため、この職種への転職を考えている場合、資格を取ることが前提として必要です。

資格が優遇される職業・職種への転職の場合

例えば管理栄養士などの国家資格を持っている場合は、栄養士の資格だけを持っている場合に比べて給与面で優遇されることが多いです。

有資格が応募条件の求人への転職の場合

有資格が応募条件の求人の場合は、その資格を持っていないと応募することができません。どうしてもその求人に応募したい場合は資格を取ることを先に検討しましょう。

【コラム】資格なしの転職でも高収入を目指せる?

資格がなくても転職で高収入を目指すことは可能です。ただし、資格がない場合はそれに代わる経験や実績がないと高収入は難しいと言えるでしょう。

転職に資格は必要ではない?企業が重視する年代別の採用ポイントとは?

次に、転職における資格の重要性について、企業が重視する採用ポイントと併せてご紹介していきましょう。

「資格なし」が選考に影響する求人は、実は少ない

実は資格なしが採用選考に影響する求人は多くありません。先ほどもお伝えした通り、仕事全体で見た時に、資格が必要な職業のほうが少ないからです。

企業が転職に求めるものは、年代によって変わる

また、企業が求職者に求めるものも年代によって違います。資格がない仕事の場合は、企業が求めているものを提供できるかによって採用率は変わるでしょう。

20代:ポテンシャル

企業が20代の求職者に求めるものは「ポテンシャル」です。まだまだ成長段階の20代は、入社後に成長していくことを加味して、あなたのポテンシャルを見られることが多いです。

30代:スキルと経験があり即戦力になる

企業が30代の求職者に求めるものは「スキルと経験があり即戦力になる」です。すでに20代で社会を経験してきたであろう30代は即戦力になるかどうかを見られることが多いです。

40代:マネジメント経験

企業が40代の求職者に求めるものは「マネジメント経験」です。40代での転職は会社の幹部候補としてメンバーをマネジメントできるかどうかを見られることが多いです。

全年代:新しい環境や仕事への柔軟性

また全世代に共通して求められることは、新しい環境や新しい仕事に対する柔軟性の有無です。せっかく採用したのにすぐ辞められたら採用した意味がありません。だからこそ履歴書などの転職経歴が重要視されるのです。

全年代:仕事への熱意

仕事のへの熱意も全世代に共通して求められることと言えます。仕事に熱意を持って取り組めるかどうかは、世代に関係なく採用担当者が気にかけています。

長期間の勤務が期待できるか

ほとんど多くの企業では長期間の勤務が可能かどうかも採用のポイントです。副業などの多様な働き方が当たり前になってきている社会だからこそ、長期でしっかりと成果を出してくれる人は評価が高くなると考えましょう。

【コラム】未経験で資格なしの転職は可能?

未経験職種に資格なしでの転職を希望する場合は、20代であれば可能性はありますが、30・40代になれば可能性は低くなります。30代以上は基本的に即戦力人材が求められているということを覚えておきましょう。

資格なしでも転職に成功!効果的な履歴書の書き方とは? 

資格がなくても転職に成功するための、効果的な履歴書の書き方についてご紹介しましょう。

資格がない場合には、空欄にせず「資格なし」と記入

まず基本的な記入のルールとして、書ける資格がない場合には空欄にせず「資格なし」と記入しましょう。その方が丁寧ですし印象にも残りやすいです。

資格取得に向けて勉強中なら、ぜひ記載してアピール

もしあなたが資格取得のために勉強中なのであれば、いま勉強している資格について書きましょう。成長意欲があることを資格面からアピールすることができます。

資格名称は、必ず正式名称で記入する

資格の名称は必ず略さずに正式名称で記入するようにしましょう。これも正式名称で記入したほうが丁寧な印象になるからです。

業務に生かせる資格を優先記入し、関係のない資格は書かない

資格欄には基本的に業務に直結する資格を記入しましょう。例えば、事務職での採用なのに運転免許の情報は必要ない、というイメージです。

志望動機や自己PRをしっかり記入する

また資格欄のみならず、志望動機や自己PRもしっかり記入することでさらに印象は良くなります。履歴書は丁寧に書いて損はないと考えましょう。

資格なしの転職におすすめの転職方法とは?

資格がない人におすすめの転職方法についてご紹介しましょう。

転職サイトで幅広い業界・職種の求人を探す

まずは転職サイトに登録し、幅広い業界や職種の求人を探しましょう。特定の仕事にこだわらず、興味があれば応募してみることをおすすめします。

転職エージェントに登録してサポートを受ける

転職エージェントに登録して、転職サポートを受けながら活動を進める方法もおすすめです。各種サポートは無料で受けられるので積極的に活用してみましょう。

スクールに通ってスキルを取得してから転職する

特にパソコンやデザイン関係のスキルであれば、先にスクールで特定の勉強をしてから転職活動を進めることもおすすめです。とはいえ、30代以降は実務経験が求められるので、20代におすすめの方法と言えるでしょう。

必要に応じて、転職後に資格取得を目指すのもおすすめ

もし社内に資格を取得することで優遇を受けられる制度があるなら、転職後に資格取得を目指してみましょう。この場合、勉強にかかる費用は会社が負担してくれる場合も多いので、次なるキャリアアップを考えるような人にはおすすめです。

【コラム】資格なしの転職でも正社員になれる?

資格なしの転職でも正社員になることは出来ます。ほとんどの場合、正社員になれるかどうかに、資格の有無は関係ないからです。正社員になりたいと考えているならば、資格がなくても大丈夫な求人を探してみましょう。

資格なしは、どんな仕事に転職すればいい?転職しやすい業界・職種とは?

資格がない人はどんな仕事への転職が向いているでしょうか。ここでは資格がなくても転職しやすい業界と職種についてご紹介します。

営業職

営業職は資格がなくても転職できる仕事の代表とも言えるでしょう。大事なことは資格の有無ではなく、コミュニケーション力の高さです。人と話すことが得意な方は営業職への挑戦がおすすめです。

人材不足・離職率が高い業界

特に地方の中小企業などは慢性的な人材不足が発生しています。また離職率が高い業界などは、人の入れ替わりが激しいため、転職が成功する可能性が高いでしょう。

ベンチャー企業

創業して間もないベンチャー企業も転職しやすい企業のひとつです。とはいえ、創業期はなかなか激務になりやすいので、働くことが好きな人には向いているかもしれません。

経験とスキルを生かせば資格なしでも転職できる

たとえ資格がなかったとしても、これまで培ってきた経験とスキルを活かすことができれば充分転職はできます。

【コラム】資格なしで転職したいなら、まずは転職エージェントに登録しよう!

資格なしで転職したいなら、無料で転職サポートが受けられる転職エージェントに登録するのがおすすめです。転職エージェントで応募書類を添削してもらうことで、資格がなくても書類選考を通過する可能性を高めることができます。

スキルと実績を生かして、資格なしでも転職を成功させよう!

今回は資格なしでも転職を成功できる方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?これまで培ってきたスキルと実績を活かして、ぜひ資格なしでも転職を成功させてくださいね。

最高の転職を実現する重要まとめ

arrow_upward