folder 転職×ノウハウ

転職を失敗するのには理由がある!7つの失敗例から学ぶ転職成功のコツ

event2020/10/10

自身の今後のプランやキャリアアップを考えたら、一度は転職したいと考える人も少なくないでしょう。しかし、転職したからといってそれが必ず成功するとは限りません。

転職を考えている人の中には「思い切って転職したいけれど、失敗するのでは?」「転職を繰り返すことになったらどうしよう」と思い悩む人も多いのではないでしょうか。

この記事では、これから転職をしようと考えている人に向けて、転職のよくある失敗例と転職を成功に導くSTEPを6つに分けてご紹介します。転職の失敗パターンを知り、再転職のリスクを減らしましょう!

転職で失敗する人はこんな人!よくある8つの失敗例

キャリアアップや労働条件の改善のために思い切って転職したものの「転職に失敗して後悔した」というのはよくある話です。では、転職で失敗する人にはどんな特徴があるのでしょうか。よくある転職の失敗例を8パターンご紹介します。

聞いてた雇用条件と違っていた

よくあるのが、実際に入社してみたら面接で採用担当者から聞いていた雇用条件や求人票の内容と違っていたというケース。転職を希望する人は、今よりも好条件で働くことを希望している場合が多いので、雇用条件が前職より悪くなると、転職を後悔することになります。

『入社する前に聞いていた正社員登用の話と、実際に入社してから聞いた正社員へのステップアップの方法が違っていた。※』

『働き始めてみると、求人票に書いてある内容と大きく違うところがあり、収入も減る一方だった。※』

入社してみたら仕事内容が違っていた

「こんな仕事をしてみたい!」そう思って転職したのに、実際に仕事を始めてみると思っていた仕事内容とはかけ離れている場合もあります。いくら憧れの職業でも、実際はどんな仕事なのかリサーチせずに入社すると、再転職をすることになってしまいます。

外から見ると華やかに見えても、実は給与が安い、休みが少ないなど労働条件が良くないということもあるので、よく調べてから転職することが大切です。

『前からやってみたかった仕事内容に引かれ転職したが、自分が思っていた仕事と違った。給料も低く、社内の雰囲気も悪かった。※』

『やりたい仕事があり転職したが、収入が大幅に下がってしまい生計が立てられなくなってしまった。※』

社風や人間関係に馴染めない

労働条件や職種は自分の希望にマッチしていても、入社してみたら社風や人間関係が自分の望んでいるものと違っていたということも、珍しくありません。 職場の雰囲気や人間関係は、外から見ただけでは判断できないもの。

働いてみると「アットホームなのはいいけど、仕事に集中できない」「仕事をおしえてくれるのはいいけど、高圧的な態度が苦手」など。人間関係に馴染めないということは、失敗パターンの代表でもあります。

『 社員同士があまり協力的ではなく、社内の雰囲気も大変悪かった。更に、社長もワンマンのため、社内や社員の様子にはまったく目を向けようとはしなかった。※』

前の会社の良さがに気づいて戻りたい

一度転職を経験すると、前職の良かった点、悪かった点がわかるものです。「退職して自分には前職の方が向いていた」と後悔する人もいます。もっと良い給料や労働条件を求めて転職をしても、総合的に考えると前の会社の方が良かったというケースが見られます。

『給料や待遇に不満を感じて転職活動をし、それを解消してくれる企業と出会い迷わず入社。しかし、前職のほうが、居心地もよく、やりがいを感じながら働けていたような気がして、どうにか前の会社に戻れないものかと悩んでいます。※』

待遇の良さにつられて入社。でもやりがいがない

待遇の改善を求めて転職しても、やりがいのある仕事が任されるとは限りません。待遇ばかりに気を取られていると、せっかく転職した先でも「やっぱりやりがいも大切だった」と後悔することになるでしょう。

『仕事内容や給与など条件に満足して転職しました。でも、いざ働いてみると、社風が合わなくて…。目標達成の数値を壁に貼り出したり、毎日朝礼で企業理念を唱和したりという風習に対して、戸惑いを隠せません。今まで穏やかな会社にいたからでしょうか。社内のこうした熱さになじめる自信がなく、もう一度自分に合った会社を探すことにしました…※』

焦ってしまい希望の条件を下げて入社を承諾。やっぱり不満

早く新しい仕事を決めたいと焦ってしまい、自分が希望している条件を下げて入社を承諾してしまうケースも多くみられます。キャリアアップや労働条件の改善を目指して転職をしたはずが、焦ってしまい採用試験に受かることが目的になってしまった場合によく起こるパターンです。

『給与や待遇、福利厚生は前職と同水準だったので、すぐに入社の意思を伝えました。ところが、入社後に分かったのですが、試用期間中は給与が下がるし、月に1度は土日出勤。もう、耐えられません。※』

未経験の仕事でもついつい「できます」と入社。スキルが足りない

入社を希望している企業の面接で、経験したことのない仕事について「できない」「未経験です」と正直に回答できず、入社してしまうこともあります。結果、仕事が始まってから苦労することになるため、再転職を考える人もいます。

『ベンチャー企業で3年間働き、ある程度自分の裁量で仕事ができるようになったので、今度は大企業の中でチャレンジしたいと思ったんです。対人印象が良いほうで、大企業の顔になるのがあこがれでした。そのためなら何でもやれると思い、事業の立ち上げなど未経験の分野も「できる」と答えて、結果、内定をもらいました。しかし実際にやってみるとなかなかうまくいかなくて…。※』

大手企業だからと安心して転職したら・・・将来が不安に。

『大手企業だから安定しているとは限りません。企業の業績などを確認せずに入社してしまうと、業績が悪くボーナスカットされたり、吸収合併が予定されていたりすることもあります。 ” ボーナスの増減が激しいベンチャーに6年勤め、結婚を機に安定した大企業に転職。ところが入社早々、会社が吸収合併。前職より不安な毎日を送っています……。※』

まとめ

転職は自分の将来を決める大事なステップです。転職をして環境を変えるのも必要ですが、情報収集が足りなかったり、自己分析を怠ったりすると、転職を後悔することにもなりかねません。転職に踏み切る前に、事前準備をしっかり行うことが大切です。

転職したら失敗…後悔したときにできること5つ

転職活動を頑張ったにも関わらず、入社してすぐに後悔することも少なくありません。では、転職を失敗したと感じたら、どうすればいいのでしょうか。後悔したときの対処法を5つご紹介します。

入社後1〜3年は我慢する

転職に失敗したと感じても、今の職場で最低1〜3年は我慢して勤めることも大切です。 短期間で転職を繰り返す人は、採用側からすると「すぐに辞めてしまうのでは?」「人間性に問題があるのでは?」と不安になるため、採用を敬遠されてしまうこともあります。

結果、すぐに再転職をしようとしても、なかなか転職先が見つからないケースが多くみられます。 入社してすぐに転職を後悔しているのなら、会社の雰囲気や新しい仕事に慣れておらず「失敗した」と感じているのかもしれません。入社直後は前職に戻りたいと思っていても、転職先で頑張っているうちに、仕事や人間関係にも慣れ、事態が良くなることもあります。

社内で異動を希望する

転職先で「辞めたい」と思ったら、退職する前に異動を希望してみる方法もあります。 転職回数が増えることで再転職するにもリスクが大きくなりますので、ほかの部署や職種への異動が可能であれば、異動を願い出て、待遇面の改善を待ってみましょう。

前職に戻れる可能性を探る

「前職に戻りたい」と後悔している人で、元の職場の上司や人事担当者に相談してみる手もあります。しかし、出戻りは簡単なことではありません。 ただし、前職に戻れたとしても、以前勤めていたときと同じ待遇で迎えてもらえるかというとそうではありません。給与がダウンする、非正規社員として再雇用されるなどのリスクがあることも覚悟しておく必要があります。

デメリットを覚悟して、再転職する

どうしても「仕事を辞めたい」と思っているなら、再転職もやむを得ないでしょう。その際は転職を繰り返すことで将来的にデメリットになることをよく理解して、再転職にチャレンジするようにしましょう。

再転職のデメリットとしては次のようなことが考えられます。

デメリット

・採用担当者に「継続性がない人」というマイナスイメージを与える

・労働条件や待遇が悪くなる可能性がある

・転職活動の期間が長くなる

また、短期間で転職を繰り返すと経済面でも影響がありますので、これらのデメリットを理解した上で転職活動の進め方を考えましょう。

転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談をして、自分の状況を判断してもらう方法もあります。転職したばかりで「失敗した」と感じているときは、自分自身を客観的に見つめることができません。しかし、経験豊かな転職エージェントであればさまざまな転職事例を見ていますので、今の自分の状況を正確に判断し、打破する方法をアドバイスしてくれるかもしれません。

まとめ

転職に失敗したとしても決して「終わり」ではありません。後悔した場合に取るべき行動を取り、その経験を次へ進むステップにできれば、失敗も無駄にはならないでしょう。転職で後悔したときは、転職エージェントに相談して解決策を一緒に探してもらうといいでしょう。

「失敗しない」には秘訣がある!転職を成功に導く6STEP

せっかく転職を決意したのに「失敗したらどうしよう」という不安は誰にでもあるものです。では、転職に成功した人たちはどんなSTEPで転職活動をしているのでしょう。ここでは、転職成功のためのSTEPを6段階に分けてご紹介します。

STEP1.仕事への不満を洗い出す

転職を考えるのは、今の仕事に不満を持っているからではないでしょうか。転職の失敗を防ぐには、まずその不満を洗い出し、自分が願っていること、叶えたいことに向き合いましょう。

「不満の洗い出し」というと、一見ネガティブに感じますが、不満は裏返せば「自分がやりたいことがあるのに、現職ではそれがかなわない」というポジティブな気持ちの現れでもあります。不満を洗い出し、転職で払しょくすべきことが何かを明らかにしておくことが、転職成功の第一歩です。

STEP2.「なぜ転職するか」目的を明確にする

転職の失敗を防ぐには、「何のために、なぜ転職するか」を整理し、明確にしておくことも重要です。 例えば、「給与の低さ」が原因で転職を考えているとします。あなたの給与が低いのは、「会社の業績悪化」「スキルの乏しさ」「人事評価の不公正さ」など、さまざまな原因が考えられるでしょう。

業績悪化が原因で給与が低いなら、転職先企業の業績を調べる必要がありますし、スキルの乏しさが背景にあるのなら、まずは今の職場でスキルアップを目指すことも必要です。 このように、転職活動を始める前に「なぜ転職をするのか」を深く掘り下げることで、理想と現実のギャップを防ぎ、自分に合った転職先を見つけることにつながります。

「給与が低い」「人間関係が悪い」「やりがいがない」といったあいまいな理由では、転職活動が進むにつれ、軸がぶれ不本意な選択をしてしまうことになりかねません。

STEP3.譲れない条件を明確にする

前職の不満や転職の目的が明確になったら、譲れない条件に優先順位をつけます。 転職先に求める条件がたくさんあっても、全ての条件を満たす転職先を見つけるのは困難です。

条件を絞りきれずに転職活動を始めたとしても、理想の転職先に出会えるまでには時間がかかり、かえって転職を決意したことを後悔することにもなりかねません。効率よく転職活動を進めるためにも、あらかじめ譲れない条件を絞っておきましょう。また、譲れない条件を明確にすることは、転職先を選ぶポイントにもなります。

STEP4.企業の情報収集を怠らない

譲れない条件を明確化したら、次は企業の情報収集を綿密に行いましょう。社会経験があるからといって、ほかの企業も同じようなものと思い込むのは危険です。情報収集をしっかりすることで、「社風が合わない」「思っていたより業績が悪い」など、転職を後悔する可能性が低くなります。

確認できることは、全て入社する前にチェックしておくことをおすすめします。 また、面接で訪れただけでは、その企業の人間関係や社風はわからないものです。そんなときは、口コミサイトを利用することで、実際に働いている人の評価を確認することもできます。

STEP5.自分の市場価値を客観的に見極める

人事評価は評価する人や企業の基準によって異なります。「前職の上司が自分を高く評価してくれていた」「前職では大きな成果を出した」と自分を過大に評価していると、転職活動が長引くことがあります。大切なのは、自分の評価が一般的にはどれくらいかを客観的に分析することです。

自分の市場価値を見極めることで、適正な給与やポジションなどを理解でき、転職先とのミスマッチを防ぐことにつながります。自分の市場価値がわからないという人は、転職エージェントに相談するのもおすすめです。さまざまな案件を扱っている転職エージェントなら、自分にあった仕事やポジションを適性に判断してくれるはずです。

STEP6.転職活動は在職中に行う

転職活動は在職中にすることをおすすめします。退職してから転職活動をすると、収入が途切れ、金銭的な余裕がなくなってしまうからです。経済的に苦しくなれば、精神的にも追い詰められてしまうため、「とにかく早く転職先を決めなければ」という焦りにつながります。

転職の目的を見失うことにつながるため、転職したことを後悔する可能性も高くなります。 また、転職にかかる費用や期間について不安がある人は、転職のプロに相談するのも方法のひとつです。転職エージェントなら無料でサポートしてもらえるため、退職後の人でも安心して利用できます。転職活動の計画が立てやすくなるので、在職中の人にもおすすめです。

まとめ

失敗しない転職活動にするためは、転職の目的をきちんと設定しておくことと計画立てて進めることが大切です。「転職に失敗したらどうしよう」と不安を抱えている人は、転職エージェントなどを利用することで、精神的にも余裕を持って転職活動に臨めるでしょう。

※出典元:『マイナビ転職 転職ノウハウ』

※出典元:『マイナビ転職 転職ノウハウ』

※出典元:『マイナビ転職 転職ノウハウ』

※出典元:失敗に学ぶ転職成功術(転職失敗事例集)

※出典元:失敗に学ぶ転職成功術(転職失敗事例集)

※出典元:失敗に学ぶ転職成功術(転職失敗事例集)

※出典元:失敗に学ぶ転職成功術(転職失敗事例集)

※出典元:『転職失敗例から学ぶ会社の正しい選び方(2) - 転職完全マニュアル』

最高の転職を実現する重要まとめ

arrow_upward